1...
ボタンホールをあけたヒヨクにオーバーロックミシンをかけます。

2...
上記写真の様に出来上がります。

3...
前たて飾りステッチを施します。

4...
テングと前パンツを地縫いします。


5...
テングに押さえステッチをかけます。

6...
前ポケット口に二重線ステッチを施します。

7...
前身頃と向こう布の止め縫いをします。

8...
小股合わせは、「ジーンズの顔」と呼ばれるほどジーンズの出来を左右します。難度の高い部分なので、高度な縫製技術が求められます。


9...
右側の身頃とヨークに巻き縫いミシンをかけます。2枚のパーツがどれくらい噛み合っているのか作業中は見えないので、経験と勘が必要になります。

10...
左側も同様に巻き縫いミシンをかけます。

11...
後ろポケットに二重線ステッチを施します。

12...
後ろポケットを仮縫いします。


13...
隠しカン止めを施します。

14...
後ろポケットを一筆縫いします。小股同様、後ろポケットは「ジーンズの顔」と呼ばれるほど重要な部分です。

15...
後ろ中心部分を巻き縫いします。

16...
前身頃、後身頃の完成です。


17...
大股にオーバーロックミシンをかけます。

18...
前身頃と後身頃を縫い合わせます。

19...
大股に補強ステッチをかけます。

20...
帯入れミシンをかけます。帯(ベルト)の端部分を折り込む作業と、身頃に縫い付ける作業が一回の縫製で行われます。作業中は、帯の部分に身頃の生地がきちんと縫い込まれているか見えないので、経験と勘が必要な縫製工程です。


21...
帯先の始末をします。

22...
帯の下側(身頃部分)からぐるりと上側も本縫いを施します。

23...
ミシンで縫った部分に、割アイロンをかけ、縫い合わさった生地を開きます。

24...
ユニオンスペシャル裾環ミシンで、裾を縫います。


25...
このミシンは、本体から斜めに針が出ています。そのため、生地が斜めに引っ張られながら縫われるので、独特のうねるようなアタリがつきます。

26...
裾縫いの完了です。

27...
ベルトループとボタンを付ける前の状態です。

28...
レーザーでリベットを打つ場所を決めます。


29...
リベットを打ちます。

30...
前ボタンを付ける場所を決めます。

31...
チャコペンで丁寧に印を付けていきます。

32...
前ボタンを付けます。


   

33...
ベルトループにカン止めを施します。

34...
大股にカン止めを施します。これで完成です。